スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/48F-14A製作その4

上京前日・・・コミケに向かっての準備は万全・・・じゃねー!全然!
こんばんは、蒼井です。
明後日が不安で堪りません。今からドキドキしてどーすんだ?ってぐらい。

先日の続きでフジミのF-14をちまちまと作業してました(仕度しろ)
20121229インテーク接着
胴体下面のエアインテーク部分を接着しました。

ここでミスが発覚。可変ランプの向きを前後逆に取り付けていた!!!Σ(゜Д゜;)
・・・もうどーにもなりませんので、見なかった事にして作業を続けます。
どう見ても凡ミスです、本当にありがとうございましたorz

このキット、インテーク部分の処理が実機と似てない事も問題なのですが、
ランディングギヤの収納部分がぽっかりと開いたままになってます。
最初キットを見た時から疑問でしたが、主翼とグローブベーンを組み込んでみると理由が分かりました。
「・・・これ胴体パーツと可動部分とのクリアランス全然ないじゃんか(・ω・`;)」
なのでキットの可動を生かしたまま、立体感のある表現で蓋をする事は不可能くさいです。
再度このキットを作る時には何とか塞ぐ方策を考えるしか有りません。困った事です。
20121229塗装01
コックピット周りのパーツを塗装。
パイロットが初めから付いてきてるのは嬉しい仕様。
2パーツ構成なわりにディテールもちゃんとしています。
ただ、塗り分けるのは非常に面倒。結局上手くいかず散々な出来になりました。
20121229塗装02
キャノピーも塗装。
気合の筆塗りでしたが、見事に玉砕。
瞬着のはみ出しとあいまってこれまた酷い出来に。

こんな調子でちゃんと完成するのでしょうか?
初心者モデラーの明日はどっちだ!(゚Дメ;三;゚Дメ)
スポンサーサイト

フジミ1/48F-14A製作その3

ようやく仕事納めで自由な時間が出来ました・・・すぐにコミケだけどねっ!
色々不安な事もありますが、当日はよろしくお願いしますです(・ω・ )

気持ちが切れたのか、イラストが中々出来上がらないので今日もフジミのF-14Aです。
20121228フジミF-14A胴体接着
仕事上がりの夜間に細々としたパーツを作成してようやく胴体部分に着手です。
とりあえず胴体の接着から。
ここから完成に向けてペースを上げたい・・・けど続きは正月明けな罠Σ(Д`ノ)ノ

フジミ1/48F-14A製作その2

世間はすっかりクリスマス。
蒼井はぼっちで模型作り・・・(´;ω;`)ウッ

泣いていてもしょうがないのでフジミのF-14Aを作る作業に入ります。
20121224キャノピー01
キャノピーの透明パーツと別部品になってる下枠の部分を瞬着でくっ付けます。
実は合いが悪かったので強引にマスキングテープで矯正。
20121224キャノピー02
ここでミスをしてはみ出した瞬着をキャノピーに付けてしまった!(´・ω・`)
1000番のペーパーではみ出した瞬着を剥がします。そのせいで傷がボロボロと。
20121224キャノピー03
2000番のペーパーでならしてから、コンパウンドで磨きます。
透き通るほど!・・・とは行きませんでしたが、まぁまぁの状態に戻りました。
初心者モデラーゆえ、この辺は妥協点(´・ω・`)
20121224インテーク加工01
次にエアインテーク部分の加工に入ります。
このキット、大抵の部分はきっちり合ってるのですが、所々パーツを付けると合わなくなる所があります(´・ω・`)
20121224インテーク加工02
エアインテークの可変ランプ部分のパーツが別パーツになってるのですが、
このパーツが干渉してインテークが正しく収まらなくなるのです。
20121224インテーク加工03
とりあえずランプの外側を干渉し難いぐらいにデザインナイフで削りました。
あとは接着時に矯正します。
20121224塗装01
最後は塗装。
今日は小部品と主翼を塗装します。
20121224塗装02
主翼の塗装は練習がてらにエアブラシを使ってみました。
ちょっと厚く塗りすぎたかも(・ω・;)

フジミ1/48F-14A製作その1

昨晩はレッスルエンジェルス絵チャットに参加いただきありがとうございました。
久方ぶりの開催だったのですが、思いの外盛況となり開催主としても嬉しい限りでした。

さて当初の予定ではMGゼータプラスから作る予定だったのですが、
カラーリングが決まらなかったのと、先に1/48F-14用デカールが届いたので、
フジミの1/48F-14Aから作る事にしました。

20121223F-14デカール
今回入手したデカールです。VF-31です。
20121223パーツ洗浄
まずはパーツを洗浄します。中性洗剤に漬け置いて、水で濯いで乾燥させます。
20121223F-14仮組み
仮組み。
意外にも現時点では一部を除いて噛み合いは良好です。
パテは要らないかもしれません。
20121223F-14ギヤ01
唯一の難点がコレ。
可変翼基部に設けられた可動ギヤがあり、これで完成後も翼を動かす事が出来る・・・筈なのですが、
肝心のギヤの歯が大きすぎて、互いに干渉して本体内に綺麗に収まりません。困った(´・ω・`)
20121223F-14ギヤ02
仕方が無いのでギヤの歯をデザインナイフで削ります。
ガリガリ削ります。
20121223F-14穴開け
また機体本体部分のパーツには増槽取り付け用とミサイル取り付け用の穴が空いてません。
ピンバイスで開口します。
20121223F-14サフ01
20121223F-14サフ02
ここまで終わったらサフを吹きます。今回は一部のパーツのみサフを吹きます。

さて今回は上手くいくのでしょうか(・ω・;)ドキドキ

新規エアブラシ&塗装ブース購入!

こんばんは、蒼井です。
九州地方は雨模様でめっきり寒いです。明日は雪とか(・ω・ )
エアブラシ到着01
アマゾンで注文していたクレオスのリニアコンプレッサー&エアブラシセット+塗装ブースが届きました。
エアブラシ到着02
2点セットで2万8千円ほどでした。
エアブラシ到着03
設置(・ω・ )
塗装ブースが、で、デカイ!Σ(・ω・;)
コンプレッサー自体はプチコンを買ったのでとっても省スペースです。
おまけに静粛性もなかなか良好。
これなら深夜の作業も家族に怒られずに済みそうです(≧∀≦)
20121222フジミF-14A01
積んでいたプラモの山から次の次に当たる製作予定キットを発掘。
フジミの1/48F-14Aトムキャットです。
原型が1978年の発売と言う事で、考証的には古いキットですが安かった(w)ので昔纏め買いしてました。
20121222フジミF-14A02
このキットは1988年頃にアップデートされたもので、なんと4部隊を再現できるデカールが入ってます。
・VF-111サンダウナーズ(箱絵の部隊)
・VF-84ジョリーロジャース(映画「ファイナルカウントダウン」でお馴染みの部隊ですね)
・VF-41ブラックエイセス(1981年シドラ湾事件の”スホーイ・キラー”ですね)
・VF-1ウルッフパック(一番最初にF-14を受領した部隊)
20121222フジミF-14A03
肝心のキットですが、機首、エアインテーク~エンジン部分、尾翼が凹モールドで、残る部分が凸モールドです。
武装はフェニックス6本、スパロー4本、サイドワインダー2本です。
設計の時代ゆえかTARPSやLANTIRNはありません(´・ω・`)残念

この写真以外に外箱とデカールの無い同キットが2セットあります。
そちらもいずれ製作予定。

MGゼータプラス購入

失意の昨夜から目が覚めると頭痛でのた打ち回ってました。
どうやら換気のために開放していた窓から入った外気で軽い風邪を引いたみたいで・・・。
泣きっ面に蜂とはこんな感じですね。

そんな気分を吹き飛ばすべく、新キットの製作に入ります。
マスターグレードのゼータプラスC1型です。
MGゼータプラスC型購入
ちょっと古いキットですが、旧1/144を複数機作った蒼井にとって、この機体を避けては通れなかったのです。
ちなみにアマゾンで2,004円でした。安いなぁアマゾン(・ω・ )

家族からの猛烈な反対もあって、塗料をラッカー塗料から水性アクリル塗料へと変更しようかと思案中。
具体的な塗装パターンも決めてないし、今週中に方向性を決めて製作したいと思います。

イタレリ1/72スケールF-14A製作その3

次第に寒くなってきてますが、皆さん体調管理はしっかりされてますか?

昨日の続きで機体本体の隙間を埋めようと瞬着で作業・・・だったのですが
20121217接着
流し込んだ瞬着が別の隙間から流れ出して大惨事に(´・ω・`)
機体下面が汚れてしまいました(´・ω・`)
おまけにはみ出した瞬着を剥がそうとしてデザインナイフで指を切るなどと・・;。
厄日なのかなぁ(´・ω・`)

そして悲劇が
20121217破損
瞬着が固まってしまって無理に翼を動かそうとしたら根元からポッキリと。 ゜(゜´Д`゜)゜。
残念ながらこのF-14Aは廃棄決定です・・・。
本当に厄日です、ありがとうございました(´・ω・`)

C83ポスター掲示

C83用レッスル島用の大判ポスターの入稿が終わったので掲示などと。
C83ポスター
12/31(月)のコミックマーケット83三日目、東ラ08~11付近がレッスル島になります。
誕生席付近にポスターを掲示しておりますので、目印にどうぞー(・ω・ )

冬コミのレッスル島でお待ちしております!
C83は蒼井と握手!(`・ω・´)

イタレリ1/72スケールF-14A製作その2

冬コミ原稿も入稿終わって、選挙にも足を運び、
一段落着いた所で気分転換にイタレリF-14Aの製作再開です。

20121216筆塗り01
今日は各パーツの塗装作業です。
エアブラシが無いので筆塗りで作業です。
・・・実はコンプレッサーだけあるんですけどね(・ω・` )
20121216筆塗り02
可変翼を動かす時に丸見えになる機体内部もフラットブラックで塗っていきます。
20121216筆塗り03
コックピットのパネル部分はエナメルのブラックでスミ入れにて処理しました。
ちなみに説明書ではブラックのベタ塗りという指示でした。
20121216接着01
一日前に塗装していた翼部分を本体に組み込んで接着です。
接着面が小さく、ガンプラに慣れていた人間からすると強度的に激しく不安です。
幸いパーツの接合は上々なので、隙間を瞬着で埋めれば見れるものになるんじゃないかな・・・と。

C83新刊情報その2

表紙(レッスルエンジェルスブレイカーズ)
無事入稿できたので告知です。
レッスルエンジェルス特定カテゴリーオンリー本、今年も出します!
今回は関節技オンリー!
(実際にはパワー技に分類される技も入ってますが、関節技っぽい技、と言うことでご容赦を)
ゲスト参加していただきました皆様には感謝です!

C83ではレッスル島で蒼井と握手!(`・ω・´)

イタレリ1/72スケールF-14A製作その1

ぐわぁぁぁ、原稿で心が折れそうだぁああああああ!
こんばんは、蒼井雷です。
片手間に進めていたイタレリのF-14Aの製作状況でも。

今日は細々としたパーツの接着と塗装でも。
20121209作業1
パーツを切り離してランナーとの接合部をデザインナイフで削ります
20121209作業2
そして接着。久々なので大分ミスしました(´・ω・`)
20121209作業3
イタレリのF-14Aには増槽の接合部分に穴が空いてません。
ここは作り手が自分で空ける必要があります。
20121209作業4
20121209作業5
20121209作業6
20121209作業7
蒼井はデザインナイフで空けましたが、本当ならピンバイスで行う方が無難です。
20121209作業8
終わったら細々としたパーツの塗装を行います。
今回はこの後組み込む予定のパーツを塗装しました。
バーナーとファン部分は焼鉄色で塗りました。
コックピットのメーター類について、イタレリ版にはデカールが付属してないので、
エアクラフトグレーで一度全部塗って、スミ入れで行う事にします。
さぁ、どうなることやら・・・。

C83新刊情報その1&近況

めっきり寒くなりましたが、皆様のお加減はいかがでしょう?

C83 さばすれ!3表紙

さてさて今年もレッスルエンジェルス・フルカラー合同同人誌「さばすれ!」を出します!
3回目の今回は収録ページ数36P、内容もSSと4コマ漫画も収録とバラエティ溢れる内容になりました。
ゲスト参加の方々には本当に感謝ですm(_ _)m
C83では蒼井と握手!(`・ω・´)

そしてもう1冊新刊を予定しておりますが、その原稿の合間にこんなものも・・・
1/72イタレリF-14A外箱
前々からヤフオクで入手していたイタレリの1/72F-14Aキットを作り始めました。

1/72イタレリF-14A中身
古いキットなのでディテールは凸モールドです。

1/72イタレリF-14Aデカール
付属デカールはVF-142ゴーストライダーズです。

/172イタレリF-14A状態チェック
今のところキットに致命的な変形はなさそうなのは嬉しい。

コミケ新刊と一緒に完成すればいいなぁ・・・
プロフィール

蒼井雷WAS

Author:蒼井雷WAS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。